『何もしないをする』が生まれたストーリー

今日のテーマは、

星舟庵のコースである、

「何もしないをする

生まれたストーリーです。

 

ものすごく長いので、

お時間があるときに、

ゆっくり読んでいただけたらと思います。

✳︎

 

私は、自分のやりたいことを

勘違いしていていました。

 

(詳しくは間違いだらけだった幸せの方程式で書いています。)

 

ずいぶんと長い間、

10年くらいかなぁ~

 

たくさんのお金を稼ぐことに

意欲を注いでいました。

 

独立してからは、

ビジネスの勉強に、

投資をしたりもしていました。

 

商品には自信があったので、

あとは、集客できればいいんだと。

 

そして、

ある程度の売り上げを

あげられるようになったので、

かつてからの願いであった

都内(大門・浜松町)へ移転をしました。

 

ここで、ガクっと来客数が減りました。

単価を上げたからなんですね。

 

それは覚悟の上でしたが、

ぽっかり空いた時間に対して、

焦りはありました。

 

移転前(川崎)のサロンでは、

ほぼ1日中、お客さまがいらっしゃったけど、

 

大門・浜松町になってからは、

1日にお客さまが一人

という日が増えてきました。

 

当時の自宅は品川だったので、

大門までの通勤時間は10分ほどだったし、

ご予約のない日は、出勤しなかったし、

自由な時間が本当に多くありました。

 

自由な時間っていうと響きはいいけど、

つまりは仕事をしていない訳で。笑

 

来客数と売上金額が、

減っていく訳で・・・

 

 

 

 

ところが!

 

 

 

 

一人のお客さまへ

全力を注いで接客をしている自分が、

とっても充実している

ことに氣が付くんですね。

 

 

 

そこで、改めて知ることになるんです。

 

 

あぁ~

まだ足りないんだ

と。

 

少しの人と深~く密接が、

足りないんだって。

 

 

ちょっと昔の話なんだけど、

大手のサロンに勤務していた頃のこと。

 

来る日も来る日も息つく間もなく、

まるで施術マシーンのように

お客さまを“こなして”いたんです。

 

そんな状態に違和感を覚え、

 

私にしかできない

オーダーメイドのサロンをつくろう!

と決心し、

 

苦労して入ったサロンを

たった6か月で退職しました。

 

そして、お客さまと深く繋がれるよう、

完全個室のサロンを立ち上げたのが、

川崎のサロンなんだけど、

それだけの『深く密接』じゃ、

足りなかったんですね。

 

 

っで、話を元に戻すんだけど、

そんなこんなで、

移転先(大門・浜松町)では、思い切って

1日お一人さま限定

と、コンセプトを変更し、

更に単価を上げました。

 

 

しかも、

当時は予約システムを導入していましたが、

ちょうど更新期限だったので解約し、

自分で予約フォームを作って

運営をすることにしました。

 

(システム会社とは7年間の契約の縛りがあったんだけど、ちょうど満7年でタイミングがバッチリだった。驚)

 

当時のお客さまからしたら、

便利なツールがなくなって、

不便だったと思います。

 

でも、誰でも使える便利なツールで、

多くのお客さまを集客することではなく、

 

「少し不便でも、行きたい。」

と、思ってくれるお客さまと

深く密につながるんだ

 

その思いで進めていきました。

 

もちろん、怖かったです。

 

どんどん変えていくことに

どれだけのお客さまが

理解してくれるのか。

 

そして、恐れは現実となり、

お客さまは更に減りました。

 

(合わせて貯金もどんどん減っていきました。笑)

 

でも、

そのお客さまが減った時期こそが、

私にとって必要で大事な時間

だったんです。

 

んで、

何をしていたかというと、

 

・お客さまのいないサロン内で、

「ぼや~」って、頭を無にしてたり

 

・「自分の生まれてきた目的」を、

占星術を通じて読み解いたり

 

・「どうなったら自分が幸せなのか?」と、

ノートに書き出したり

 

自分の感情、

内側から生まれる願いと

ガチで向き合っていたんですね。

 

始めてみると、

時間が経つのを忘れてしまうくらい

没頭していました。

 

そのくらい

自分を知ることが

楽しくて仕方なかった

んですね。

 

ちょっと現実的な話をすると、

 

どんどん減っていく貯金通帳を片手に、

集客活動もせず、

自分の本音と向き合うことは、

本当に苦しかったです。

 

お金が減ること、

入ってこないことが怖くて、

集客の方法を探そうとしたことは、

何度もありました。

 

「お金がなくなること」

「自分の本音を知る」

との闘いは、

すざまじかったです。笑

 

でも、

お金の恐れも一緒に抱えて

心の底から叶えたい願い

と、向き合っていました。

 

 

その結果、

20年前から何度も何度も

浮かんでは消えてを繰り返していた、

 

・自然と調和できる場所に身を置きたい

・古い日本家屋に住みたい

・『和』のトリートメントルームを作りたい

 

を、叶えよう!

って、思い切って動き出したんです。

 

そしたら、

すぐに今の星舟庵の家屋と

出会えたんです。

 

(詳しくは、実のところ『本当の声』はダダ漏れであるで書いています。)

 

そして、湯河原町へ

引っ越しと移転をしてからは、

さらに「ぼや~」っと

思いに耽る時間は増え、

 

自分の本音と

さらに深~~く

繋がっていきました。

 

そして、

たくさんの人と関わるのではなく、

少しの人と深く密に関わりたい

の、先にある願い

にたどり着いたんです。

 

それは、

 

多くの人の目に止まって、

みんなから好かれて、

誰もがいいね、

って、

 

いうものではなく、

 

 

ほんの少しの人が

”ものすごく”欲しいもの

を作りたい。

 

オンリーワンでありたい、

って、願いです。

 

 

 

っで、

 

 

その本音を引き出せたのは、

他でもない

大門・浜松町へ移転したときの、

湯河原町に引っ越してからの、

 

何もしない時間

 

だったんです。

 

 

だから、星舟庵では

自分の本音と繋がりたい人のための

何もしないをする

を、作ったんです。

 

(自分の本音や願いと繋がりたいって思う人は、ほんの少数派だと思う。でも、これからは、みんなと同じでは生きていけない時代、つまり『自分だけの魅力=個性』が必須になる。だから『なりたい自分』を知ることの価値の大きさを私は心の底から感じている。)

 

長い文章をここまで

読んでくださりありがとうございます!

(2424文字)

 

そして、どんどん浮世離れ(笑)

していく私を見放すことなく、

お付き合いをしてくださっている方々、

本当にありがとうございます。

 

星舟庵

西村じゅんこ

星舟庵の過ごし方

SNSでもご購読できます。

ご質問などお氣軽にご利用ください(*^-^*)

友だち追加