星仕い(ほしつかい)

西洋占星術でいう出生図とは
その人が生まれたとき
天体がどの星座にあったかということを元に

その人がもともと持っている
素晴らしい個性や能力を
形にして伝えてくれるものです。

天体はそれぞれ違った速さで
太陽の周りを運行しているので

ある特定の並び方が再び戻ってくるには
2万5000年に1度といわれており

生きている間に同じ配置の人に出会うことは
まずありません。

そのくらい出生図とは
その人、オリジナルのものなのです。

占星術と聞くと一般的には

「あなたはこうだからこうするといいですよ。」という雰囲氣で

こちらからお伝えすることを聞く
というイメージがあるかもしれませんが

星舟庵の『星仕い』は

あなただけが持っている出生図を
どのように使うことで幸せになれるか

を、一緒にみていく内容となっています。

その過程の中で

・使いたいのに何か阻害しているもの
・手放せずに握り締めているもの
・未来を描くために壁になっているもの

とか

・今のあなたが考えていること
・苦しんでいること
・幸せに感じていること
・喜びを得ていること
・やだなぁと思うこと

そんなことを明らかにしながら
あなたが本当に向かう未来
一緒に描いていきます。

『星仕い』の中での出生図は

自分を掘り下げるための
ヒントが描かれているもの

という位置付けです。

星舟庵での時間は『鑑定』ではなく
自分で見つけるという形です。

自分を知るにはアウトプットが必要です。

出生図をもとに自分を話すという時間の中で
本当の自分を知っていきましょう。

ご希望の方には

・月の運行を元にした1ヵ月の過ごし方
・体のウィークポイントと、そのケア方法
・心が安らぐプライベートの過ごし方

などもお伝えしていきます。

【お代について】

あなたがあなたの未来を描くことができたと感じた価値を、お氣持ち次第として頂戴しております。

最後に

出生図を通じてその人の中に『ある』ものを知ったうえで、改めて悩みと感じているものをあなたの外側からみてみる。

そうすると、もともと持っているものを知った『新しいあなた』があなたをみるので、悩んでいたことが「実は悩みではなかった」ということに氣がつくこともあります。

また、私たちは「社会の一般的な概念に沿っていることが幸せ」と刷り込ませる仕組みの中で、今『よし』と言われているもの

例えば

・『いい』大学を卒業する
・大きな会社に入る
・安定した収入を得る
・子どもを産み、育てている
・両親を安心させている

などを満たしていないと「自分は『ダメな人間』なのか・・・」と、自分の価値を感じる感性を閉ざしてしまうこともあります。

(例え話を読んで、「そんなにネガティブじゃないけどな・・・」なんて、思った方もいるかもしれませんが、この例で自分を小さくしていたのは、何を隠そうこの私です。)

もし、過去の私のように自分の『ある』を知る探求心を封じ込めていたとしたら『星仕い』は、自分の中に『ある』ものを思い出させるスイッチになることもあります。

本当の自分を出生図から聞き、ふと浮かんだことを話したり書き出したりすることで、自分の『ある』ものがどんどん思い出され、本当は何を望んでいるかを明確にすることができるのです。

自分に『ある』ものがわかったら、『そのままでいい』と、心から思うことができます。

このように12星座と天体から成り立つ出生図は、魂が予定した人生を思い出すための指南書的な役割があるのです。

『社会に適応するための自分』を生きていて窮屈を感じていた人は、『自分の喜びのために生きる自分』を見い出していくこともできるのです。

おまけ

出生図を通じて自分をみることは、自分が宇宙の中で生きている1人であるという感覚を、呼び覚ましてくれることもあります。

星と星が影響しあっているこの広い宇宙で、自分もその中のひとつの『星』であると。

人が星や月から影響を受けるように、自分の思考や行いが実は他にも影響を与えていると。

そんな視点でみてみることで、自分を今までより高い位置へ連れていってくれること。

それが星舟庵の『星仕い』の醍醐味と、私は思うのです。

星舟庵

西村じゅんこ

SNSでもご購読できます。