湯河原の海、自分、石けん、未来

湯河原町は11時になるとお寺さんの鐘の音が聞こえてきます。梅雨の晴れ間@星舟庵濡縁

 

前回の新規事業の話には、たくさんのアクセスをありがとうございました。

しかも、ブログ公開と同時に続々とご予約をいただき、少し驚いてもいる西村じゅんことKENさんです。笑

ここで、お客さまのお声を紹介します。

私が独立して第一号さまからのお声です。

川崎のサロンが2013年5月のオープンだったので、もう8年のお付き合いになります。

長くお付き合いくださるだけでなく、石けんをご愛用いただき、ブログのご感想や『ご自身の考え』をお聞かせくださること、心より感謝いたします。

お声の中では、『好きな方を選ぶ』に触れてくださいました。

また、前回の記事には、別のお客さまから『湯河原に出会えてよかったね~』ってお声もいただきました。

 

 

そうなんです!

(声デカイ。笑)

 

私は湯河原に対する想いから『自然の循環』について真剣に考えることができたんだと思います。

『想い』って何にも勝る原動力なんだよね。

 

ということで、今日は

『想い』

について話をしようと思います。

 

 

 

ちょっと、育ちの話題から。

私は生まれも育ちも埼玉県なので、海って『わざわざ行く特別な場所』って感覚だった。生活とは関係が薄いというか。

それが、湯河原町に引っ越してから

毎日海を感じている

星舟庵から見える海は『吉浜海岸』っていうんだけど、波が穏やかで視界が広くて、めちゃくちゃ好きなんです。

 

湯河原の吉浜海岸に出会って、

あぁ~

海っていいなぁ~

ってシンプルに思ったんです。

 

あと、湯河原町の水って

めちゃくちゃおいしい

んです。

 

どのくらいおいしいかというと、KENさんの話が伝わりやすいと思う。笑

KENさんはお料理にこだわりがある人なので、品川に住んでいた頃はお水を買っていました。お米を炊くときもお味噌汁を作るときも、ペットボトルのお水を使っていました。(2リットルで350円くらいの。汗)

 

そのKENさんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を一切買わなくなった

んです!

 

コーヒーを入れることも、ご飯を炊くときも、お味噌汁を作るときも、お料理のお水、全てを水道水で作っていて、さらに水道水を飲んでいるんです。

 

そして、私の話だと…

 

私は脚に蚊に刺された傷あとがたくさんあったんだけど(恥)、湯河原町に住んでからほとんど消えたんです。

これって、入るお風呂の水が関係しているんじゃないかな、って思っている。

全体の肌のキメが間違いなく整ったんです。

腕とかデコルテとか触った感じが違うんです。

あと、食器を洗うこととか、手洗いの洗濯物とか、楽しみになった。

触れる水が氣持ちいいんです。

 

人のからだって約7割が水でできているっていうよね。

 

地球も表面の約7割が海でっていうよね。

 

 

湯河原の海と水を通じて

人も地球も大事にしたいな

って、改めて思ったんだよね。

 

 

海を毎日眺める生活

美しい水に触れる

ことで、

 

手作り石けんに対して

さらに愛着がわいた

んだよね。

 

だってね…

 

1つの石けんだけで、髪も洗えるし、顔も洗えるし、食器だって洗える。ポイント汚れだってそこらの洗剤よりずっと落ちる。

基礎化粧品の話もしちゃうと、化粧水は精製水とグリセリンと柑橘類の種子で作れちゃう。

もし香りを楽しみたかったら精油を入れる、これで充分なんだよ。

クリームだって、油(ホホバオイルとか)と水と乳化剤があれば、それ1つで配分を変えれば全て賄える。

 

なので、本音を言うと・・

ドラックストアでいろんな種類のシャンプーやボディーソープ、洗剤等が販売されていて、『誰か』の『必要以上』の利益のために、消費者の購買意欲を煽り、簡単に済むことを複数・複雑にしていることに憤りを感じているんだ。

 

 

氣が付けば石けんを作って使って20年が経つ。

 

私の人生で

こんなに

続けてこれたことは

他にない。

 

(言い切る。笑)

 

 

こんなに長く続いた理由って、

 

肌の調子がいいから

とか

使った感触が好き

とか

安いから

とか

 

そんな表面的な感じと思っていたんだけど、

改めて思い返すと

 

私を整えていってくれた

大事なアイテム

 

なんだよね。

 

具体的には、

・自分の肌を整えるために、外から何か取り入れるのではなく、自分がきれいになりたいって思いがあれば、石けん1つと簡単な基礎化粧品で充分キレイになれる。

・満足した自分になるために、人が作ったものではなく、自分が作ったもので自分が自分をキレイにする。

・想念が整えば肌も自然とキレイになり、自分の努力で自分はいくらでもきれいになれる。

 

つまり、石けんと基礎化粧品は、

 

自分に対して責任を持つ

という感覚を養ってくれた

大事なアイテム

 

なんだよね。

 

ひいては、

自分が整うことで

周りにも愛が伝わっていく

って。

 

 

ちょっと話が変わるけど・・・

 

今回『ゆがわら石けん』として開発を進めていくんだけど、この全過程を本にしようと考えている。

 

なぜならば、

 

・石けんを愛しているから

・使っている自分を愛しているから

・一緒に開発するKENさんを愛しているから

 

また、

・自分の愛を感じたい

・その愛を人にも届けたい

って思っていながら、

なかなか最初の一歩が踏み出せない人にとって、なんかしらのヒントになったらいいな、と思っている。

 

そして、

自分の中にある愛を表現する人

がどんどん増えたらいいと思う。

 

そしてそして・・・

怖れや不足感を原動力に購買力を煽り

『誰かだけ』が富を得る時代は終わり

 

光のあるモノ

愛を感じられるモノ

未来を描けるモノ

が訪れると思うんだ。

 

西村じゅんこ

滞在のご案内

SNSでもご購読できます。