双子座S.Iさまからいただいたお声

昨日、梅の木を活けました。

 

今日は川崎時代から

お付き合いくださっている

Sさまがお立ち寄りくださいました。

少しだけ店内を見ていただいたのですが、

 

こりゃ帰りたくなくなるわぁ

 

って、言ってくださいました。

 

さらに旅館に着いてから、

こんなメッセージをくださいました。

星舟庵は高台にあるので

街中と離れているせいか、

私は元旦とかあんまり関係なく。

 

それよりそれより、

 

今日からご家族で

湯河原温泉に1泊されるそうで、

そんな貴重なご家族との時間に、

寄ってくださって、

本当にうれしく思いました。

 

お嬢様(24歳)も、

一緒に入っていただいたのですが、

 

「感激していました。」

 

って、言葉も添えてくださいました。

 

(Mちゃん、足がスラっと長くて、大きな瞳で、かわらず賢い眼差しだったわ☆)

 

さらに、

こんなメッセージも☆

 

星舟庵には、

ほんの10分くらいだったのですが、

それでもほっこり♪されているなんて、

 

湯河原町の土地の力は絶大

なんだと改めて思うのです。

 

 

Sさまはこんなことも、

お話くださいました。

 

離れと母屋ってあるけど、

母屋がお店なんだね。

 

そうなんです。

同じことをお話になる

お客さまが他にも

いらっしゃいました。

 

 

やっぱり、メインは母屋。

 

母屋の使われている材料は、

離れよりずっとずっといいもの。

 

そしたら、

お客さまをお通しするのは、

母屋だと思うのですね。

 

 

修繕に入ってくださった大工さんも、

 

「こんな材料はもう手にはいらないよ。本当にいい家だよ。」

 

って、おっしゃっていました。

 

 

 

43歳の私がそんな日本家屋に

ご縁をいただいた。

 

そしたら、

より多くの方に家屋の力を

感じていただくことが私の使命

って、思うのは自然かなと。

 

 

Sさま、立ち寄ってくださっただけでなく、

たくさんのお言葉を添えてくださって、

本当にありがとうございました(*^-^*)

 

次回は、濡縁でポカポカしながら、

真鶴の大好きなお魚屋さん、

二藤商店さんのおいしいお弁当を

食べていってくださいね♪

 

西村じゅんこ

SNSでもご購読できます。

ご質問などお氣軽にご利用ください(*^-^*)

友だち追加