紫遷(しせん)

うつ病と診断されていた頃の長い間、

食事のときは必ず舌を噛んで

口の中は血だらけになっていた。

氣をつけているのに、

毎回何度も何度も噛んでしまう。

 

もちろん死にたいと思っていたから、

僕の自律神経も食べることに対して、

生きることに対して、

こんなカタチで拒絶していたんだろう。

 

ひとそれぞれ、

過食や拒食、不眠といったサインで

生に対する拒絶を伝えるけど、

もう一歩先には

生への執着があるのだと思う。

 

魂は、こうやって

「生きているからこそ、感じられる痛み」

「生の尊さ」

教えようとしていたのかなと

今だから思える。

 

脳は弱いから、

いろんな形で持ち主にサインを送って

頼っている。

 

でもそのサインを、

伝えたい苦しみを

他人や薬に委ねることを魂は望んでいるか?

 

魂は、深淵の闇に溶けこみながらも

沸々と熱を失わない。

 

再び陽の光を浴びるときを待ち侘びている。

 

他人には決して見えない自分だけの自分。

 

僕の内を他人に預けたら

僕は僕を遠ざけてしまう。

 

深淵から魂を連れてこれるのは僕だけで、

再び陽射しを浴びた魂は、

そのとき紫色に変容してみえた。

 

そんな色を香りというカタチにした

練り香水を製作しました。

 

深淵からの「紫遷」

 

※ジャスミンは精神の覚醒、心の落ち込み、抗うつにも効果があると言われています。

サンダルウッドは世俗的な不安や執着心を落ち着かせ、崇高な意識への手助けになると言われています。

主にこれらを調合した「紫遷」は、どこまでも深くどこまでも魂に近づける香りに感じました。

西村健

健さんに話がある人

商品の紹介とご注文フォーム

SNSでもご購読できます。