紫の上

「襲の色目」(かさねのいろめ)とは、平安時代に生まれた衣装を色彩の重ね合わせで表現する方法。

四季折々の樹木、草花、空の色の移ろいを平安人は自然を身にまとう様に様々な色彩の組合わせで試みた。

龍の衣と書く「襲」は龍田姫が龍になって天に昇る際の鱗を紅葉に見立てたことに始まる。

源氏物語の姫君たちの衣装にも襲の色目は沢山出てきます。姫たちの気品、気質を表す色彩はひときわ上品で趣があります。

襲の色目のように香りも重ね合わせることで四季折々、十人十色の装いを演出できたらと。

「紫の上」を表現した香りは、知的で気品を持ち合わすそんな香りに仕上がりました。

平安時代の姫君たちも今の女性も同じように髪を大切にしています。

髪も頭皮も喜びそうなCMジェルでご用意いたします。

商品の紹介とご注文フォーム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*