月星座の話~山羊座の月が教えてくれたこと

自分の星を読めば読むほど、

悩みや心の傷は『月』に描かれている、

と、思います。

 

月星座は、

 

奥底に閉じ込めてしまった感情を解放し、

素の自分を映し出すことで、

 

自分で自分を癒す方法

を、教えてくれます。

 

月星座とは?

 

月星座とは、

ホロスコープ上で人の心の部分

を、描いています。

 

例えば、

・心が満たされること

・充足感を得られる方法

・子どもの頃に作られた感情のパターン

・無意識にとらわれているもの

 

などがあります。

 

ちなみに、

TVや雑誌などの星占いで言われる

「乙女座」や「山羊座」とは、

占星術的には太陽星座

と、いいます。

 

太陽星座と月星座の違いを

ヒトコトで言うと、

 

太陽星座は

人生で目指す方向性、

月星座は

心の奥深いところで求めているもの

を、表しています。

 

月星座が教えてくれるもの

月星座は、

手放すもの

を、教えてくれます。

 

私の月星座は山羊座なのですが、

こんなことが書いてありました。

 

過度な追い込みは手放し、喜び楽しみながら目標を達成する。

書籍『魂のブループリント』より

 

ギュっと握りしめた手では、

欲しいものを掴むことはできないよ、

何かを手に入れたいときは、

手放すものがあるよ〜。

 

山羊座の月が

教えてくれたことです。

 

とはいっても、

手放すことはそう簡単ではありません。

 

手放せないものとは、

無意識にとらわれているもの

であることが、

ほとんどだからです。

 

月星座が山羊座の人には、

 

「努力は報われる。」

 

という思いが、

潜在意識に刻まれています。

 

例えば、

若きし頃の私の頭の中は、

こんなことでいっぱいでした。

 

・遊んでいるヒマあったら仕事をする!と、常に追い詰める

・こっちの方が楽かなぁ~と、ラクしようとする自分は許せない

・疲れたけど終わっていないから休んでいい訳がないっ!

 

そして、

 

「ちょっと自分に厳し過ぎなんじゃない?」

 

という人からの心優しい言葉も、

 

「ダメな私がサボっていいわけないじゃない」

 

と言い放ち、

自分の殻に閉じこもってしまう

パターンが多くありました。

 

掲げた目標は、

苦しみに耐えることで達成される

と、

 

無意識の域でとらわれている

(思い込んでいる)ので、

達成したいことが、

喩え小さな日常的なことでも、

自分を追い込んでしまうのです。

 

月のこだわり

山羊座の月は、

社会における役割や意味

に、こだわります。

 

そのあたりを思い返してみると、

私は高校生の頃、

資格取得に情熱を

燃やしていました。

 

独学で、日商簿記の2級を取得したときの感覚はよく覚えています。

 

先生に褒められても、

クラスメイトから「すごい~」

って言われても、

 

何より、

自分がものすごく満たされていました

 

高校生の私が、

「社会を感じる」には、

資格取得が一番の方法だった

のだと思います。

 

ですがその後は、

最終学歴が高卒である自分に

長いこと苦しんでいました。

 

そのコンプレックスは、

「高学歴の恋人」で

埋めようとしていましたが、

当然ながらそれは「自分」ではありません。

 

実家から離れたいという理由で、

就職してしまった自分を

深く後悔しました。

 

今は、遅ればせながら大学生になり、

好きなことを学び幸せですが、

後から氣がつきました。

 

最終学歴を更新できることに、

喜びを感じる自分がいたことにも。

 

「仕事で評価を得て、収入があり、自立している」

 

という私だって、

充分だと思います。

 

でも、頑張っているとか、

周りからの評価などでは、

高卒という「山羊座の月的な心の穴」を

埋めることはできなかったのですね・・・。

 

「社会に対する自分」は、

人からの評価ではなく

「自分が納得」することで

満たされるのだと、

 

私のアイデンティティで

大きなウエイトを

占めているんだと、

改めて感じています。

 

手放したその先に・・・

30代の私は、

「言っていることと、やっていること」が真逆になってしまうことは、

日常茶飯事でした。

 

なぜかというと

「こんな風に考えるのはおかしいかも」

と、まず思ってしまう

思考のクセがあった

からです。

 

「自分の感情が正しいかどうか常に不安」

 

というのも、

山羊座に月を持つ人の

氣質のひとつです。

 

今思い起こせば、

自分の感情に正しいも間違っているも

ないのにね~苦笑

 

こんな風に、山羊座の月に

ブンブンと振り回されていた

30代でしたが、

 

いつしか

『表面』と『内面』の

交点を見つけ、

 

自分に折り合いがつき、

サクサクと順調にことが

進み始めていきました。

 

そして、40代に入った頃から

「疲れたなぁ~」と感じたとき、

休んでもいいかも

と思えるようになりました。

 

また、

やりたくないと思う氣持ちを素直に受け入れ

やりたい!と感じる方向へ意識を向けられる

ようにもなりました。

 

そして、

過度に追い込む自分を手放し、

自分の感情を受け取った先に見えたものは、

自分軸がある世界でした。

自分軸のある世界とは

自分軸を手にしたことで、

自分の思考をそのまま行動できる

ようになり、

 

やりたいことは、

好きで楽しいこと

になっていきました。

 

ちょうど同じころ、

月星座の存在を知りました。

 

月は内なる自分と戦っていた

理由を教えてくれました。

 

月の言葉は、

すぅ~っと腑に落ちていき、

「やりたいことをやる」

ということが、

 

さらに加速していった

ように思います。

 

私のやりたいことは、

人から見たら大変なこともあるようですが、

自分自身が好きでやっていることなので、

苦しんでいるようには、

映らないそうです。

 

コツコツと積み上げていくことは、

山羊座の月を持つひとにとっては、

充実感を得られるからなんですね。

 

40歳を過ぎ

「やらなければならない」

という追い込みがなくなった現在は、

 

どっしりと、

穏やかな氣持ちで

いられているように感じています。

 

どっしりとした王国を築き、

本当の人間的な成熟度も、

山羊座の月が満たされることで

あるようです。

 

あとがき~香りと星座の話

星座と精油には関連性があります。

山羊座の香りは、

パチュリーやベチパー、

シダーウッド、

サイプレス

などがあります。

 

30代の頃は、

パチュリーやベチパーが

たまらなく好きでした。

 

周りの人から、

「え~?あの香りが好きなの~?」

と言われても何のその。

 

どちらかというと、

手放せずにギュっと

握りしめている感じでした。

 

ところが、

今はそこまで好きではないんですね。

 

いい香りだとは思うけど、

必要とはしていないみたいな。

 

人はそのときに必要な香りを、

いい香りと感じるといいます。

 

私の好きな香りが変わった理由は、

無意識にとらわれたていたものから

自分を解き放つことによって、

 

山羊座の壮大さや社会性を

受け取れるようになったことかな〜

と、感じています。

 

星舟庵

西村じゅんこ

星舟庵の過ごし方

SNSでもご購読できます。

ご質問などお氣軽にご利用ください(*^-^*)

友だち追加