髪型の話〜『感覚』を軸にする太陽牡牛座期

2021年5月は牡牛座石けんでした。

牡牛座の優美さをイメージした

ラグジュアリーなブレンド。

 

 

【紫】
クラリセージ、イランイラン、ラバンジン、ラベンダー

 

【ピンク】
はっさく、リトセア、ペパーミント、ブラックペッパー、パイン、ジンジャー、シダーウッド、ダマスクローズ

 

精油の名前だけだと、

イメージがつきにくいな。

 

アロマテラピーは、

香って体感してなんぼなんだと、

今、改めて思いました。

 

ということ(?)で、

タイトルの通り髪型の話。

 

早いもので、

湯河原町に引っ越してきてから、

あと2か月で1年になります。

 

この間、

けんさんとのパートナーシップを

2人でしっかり見つめ直したり、

 

私自身の、

『ほんとうはどうなのか?』

を、

 

何度も

何度も

何度も

 

 

 

(笑)

 

 

 

掘り下げることで、

自分の軸を安定させていったり、

 

とにかくとにかく、

『自分を確立させること』

を、

 

丁寧に

丁寧に

丁寧に

 

 

 

(笑)

 

 

 

 

繰り返していました。

 

そんな風に『内面』を整えていたら、

西村じゅんこの『外見』に変化が起きた。

 

どんな変化かというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪になった

です。

 

実は、私は染めないと

フェイスラインだけ

だいぶ真っ白なんです。

 

今までは、月に1回

美容院で染めていました。

 

もうかれこれ4か月半くらい

美容院へ行っていないので、

今はかなり白髪です。

 

これね、実は、

ずっとしたかったこと

なんです。

 

どうしてかというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛を染めていると

手作り石けんで

髪の毛を洗えなく

なっちゃうんです

 

石けんってアルカリだから、

美容師さんがせっかく丁寧に

染めてくれた色が瞬間で落ちてゆくのです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな理由?って、

びっくりする人もいるかもだけど、

 

私は、自分の作った石けんで

髪を洗うことがとっても好き

なんです。

 

 

 

その洗いあがりの

手ざわりとか

頭皮の感じが、

とっても好き

なんです。

 

 

やっぱり『好き』って

大事だと思うんですね。

 

特に、お風呂って

からだをキレイにする場所。

 

いわば、

自分を浄化する時間。

 

だから、

何を使って自分を整えるか

って、かなり重要だと思うんです。

 

定期購入くださっている方々からも、

こんなお声をいただいています。

 

石けんパワーで、今月も頑張れます。

 

毎日のお風呂で、1日の疲れを石けんの香りで癒してもらっています。

 

石けんの香りに包まれるお風呂の時間が、毎日のチャージタイムです。

 

ご感想をありがとうございます。

 

 

お風呂の話つながりで、

ちょっと広げちゃうけど、

お風呂は神さまとつながる場所

という話もあります。

 

神は、火(か)と水(み)からできている。

 

そして、火(か)と水(み)が、合わさったものが「お湯」。

 

だから、お湯に触れるということは、神さまに触れるということ。

 

ということもあり、

お風呂の時間に何を使うか?

は、私にとって

 

超ーーーっ

大事なことなんです。

 

(語彙、乏しいな。笑)

ピンクの石けんはローズ入りでめっちゃラグジュアリーな優美さ。桐の上でパチリ。

 

なので、

 

白髪であること

(黒髪じゃなくなること)

 

 

好きな石けんで髪の毛を洗った後の質感

を比べたとき

 

石けんの圧勝となったのです。

紫の石けんはすっきりとした優美さ。畳の上でパチリ。

 

そして、

また、話が広がるけど…

 

これは『自分の内側』というのが

関わってくる話でもある。

 

例えばね、

おしゃれが好きだったら、

染めることも楽しみのひとつ

になると思うんだよね。

 

でも、

私は、おしゃれという点に、

感心が薄いタイプで・・・笑

 

髪の毛を染めるというのは

正直にいうと

自然の流れに逆らっている感覚

だったり、

 

なんか自分を隠している

感じがするんだよね。

 

つまりは、

どこに自分の価値観があるか

って話なんだけど、

 

言いかえると、

どういう自分が好きか

って話で。

 

 

私にとって髪の毛を染めることや

化粧をすることは、

おしゃれを楽しむって感覚ではなく、

身だしなみって意識だった。

 

『人と関わる中でのマナー』だと、

思い込んでいたことです。

 

でも、やめてみたら、

身だしなみでも、マナーでもなく、

 

『外見』に捉われているだけだった。

わたしがね。

 

それは、誰が言った訳でもない。

『わたし』が勝手に決めたこと

なんだよね。

 

(そんな身だしなみのための商品開発のためにで苦しめられているたくさんの生き物がいる。うさぎとか。)

 

 

だから、

自分がどうありたいか?

が、はっきりしていたら、

 

 

白髪であることなぞ、なんでもない。

ノーメイクであることなぞ、なんでもない。

 

いつもの通り髪をきちんと束ねていたら、

何色であろうと、私は私だった。

 

(2022年現在では髪の毛を切ることもけんさんにお願いしちゃってる)

 

 

そんなこんなで、

自分のなりたいような素の髪でいたら、

心にふわりと余裕ができた。

 

きっと、

メイクをしていた頃よりも、

髪の毛が真っ黒だった頃よりも、

 

 

 

 

今の私は、

『いいお顔』

をしていると思う。

 

 

ということで、

白髪と手作り石けんの話から

自分がどうありたいか?って話へ

大幅に広がってったけど

 

 

石けんは私の人生に豊かさと充実を

与えてくれている

大切なアイテムなのです。

SNSでもご購読できます。