燦(さん)

真鶴レモン蒸留水100%
オリジナル石けん『燦』

星舟庵の横の畑と杉林をバックにパチリ。

この香りのブレンドをはじめて香った時

【暖かい日が光り輝くもの】

が浮かんできました。

いつもブレンドはKENさんなんですけども
香りから文章考えているのは私です。

でも、この香りから感じる

 

輝かしさ、明るさ、『光』

 

を表現する言葉が浮かばなくて

(語彙が乏しいため。汗)

ずっと考えていたらKENさんが

 

「『燦』じゃない?」

って、言って

 

「それだ…」

 

ということで、この石けんの名前は
『燦』となりました。

 

 

『燦』という言葉から
真っ先に浮かぶのは

美空ひばりさんの『愛燦燦』

ではないでしょうか?

 

私は初めてこの曲を聞いたとき
なんとも言葉で言い表すことが
できない氣持ちになったのですが

年々胸に深く響いてくるようになり

ときには、
最初の『あめ~♪』で涙がほろりと
こぼれてしまうことがあります。

そこに愛があるからこそ
生まれるさまざまな苦労や悲しみ

それらをすべて『ひとつ』として
私の奥底にあるものを

美空ひばりさんの歌と
小椋佳さんが描いた
言葉のひとつひとつの深さが

ゆさゆさと揺らしてくれているのかな〜
と思っています。

「ここにいるよ~」

って。

 

 

『燦』を辞書で調べてみたら

 

【鮮やかに輝くさま】

 

と書いてありました。

 

『愛燦燦』

 

愛が鮮やかに輝くさま

燦が2回だから

愛が

鮮やかに輝く

鮮やかに輝く

という言葉の意味になります。

 

年々胸に響いてくるのは

今まで受けてきた様々な形の
『愛』が自分の中で鮮やかに輝くのを

やっと、受け取れるようになった
やっと、あることを認められるようになった
やっと、見つめることができるようになった

からなのかな、
と思ったりしています。

 

 

今、この石けんは

湯河原町の石けん工房

という名前の場所で作られています。

今までは、アロマテラピーサロンの
アロマ雑貨として販売していました。

だけど、あるお客さまのヒトコトで
ひとつの事業として大きく動きだしています。

川崎時代から
ずっとご愛顧くださっているお客さまが

「湯河原までは行けないけど
石けんは欲しい!」

とメッセージをくださったからです。

そこから展開がはじまって
今は湯河原町の方々からも材料などの
ご協力をいただけるようになり

今までずっと
お付き合くださっているお客さま
星舟庵に滞在するお客さま以外からも

インスタグラムやTwitterなどから
お求めの声をいただけるようになりました。

他の石けんと使用感の違いを感じてくださり
リピートくださる方も増えてきました。

ご愛顧をほんとうにありがとうございます。

 

 

お客様の声ひとつひとつが、

KENさんと私を【1つの道】を
照らしてくれています。

 

氣持ちを伝えることで

相手の得意なことや
やりたいことを引き出し
人を輝かすことができる

それはまさに

愛燦燦…

KENさんと私はお客さま、世の全ての

【愛燦燦】

の下、存在させてもらっている
そう思うのです。

 

改めまして
心より感謝申し上げます。

 

【精油のブレンド】
メイチャン,レモン,ポンカン,ラベンダー,ラバンディン,クラリセージ,フェンネル,ジンジャー,ベンゾイン,ローズマリー,プチグレイン,イランイラン,オレンジ,ブラックペッパー,フランキンセンス,パルマローザ,ベチバー,マンダリンオレンジ,バルサムモミ
,シダーウッド,コパイバ,サンダルウッド

石けん製作はKENさん
文章は西村じゅんこでした。

***

オンラインのフォームより
ご注文いただけます

LINEの個別メッセージも
ご利用ください

友だち追加

燦は2021年11月28日に完売しました。

どうもありがとうございます<m(__)m>

石けんご注文フォーム

SNSでもご購読できます。