明石の姫君

光源氏と紫の上が、女性たちに晴れ着を贈ろうとする.

「桜の細長に
つややかなる掻練
取り添へて」

明石の姫君には少女らしく可憐な桜色と艶のある掻練の組み合わせの晴れ着を用意した。

可憐な華やかさを持ちながら芯の見え隠れする香りを演出したのが「明石の姫君」です。

※)掻練(かいねり):砧で打って柔らかくした絹のこと。紅で染めた練絹のこともいう。

商品の紹介とご注文フォーム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*