宇宙の流れに身を任せる

月は、物事の時期を教えてくれると思います。

 

月の満ち欠けには、

このような意味があると言われています。

新月はスタートのタイミング、
満ちていく月は育っていく時間、
満月は「充ちる」タイミング、
欠けていく月は、長期的に物事を考えて計画し、仕込む時間。

 

私は上記のことを知ってから

 

新月に起きることは、

これから満ちていく月と同じように、

充ちていくことだから、

きっとうまくいく!

 

そう信じるようになりました。

 

(信じるって大事!)

 

とすれば、

大事な日は、

新月になるようにしよう!

と考えたくなります。

 

でも、大事なことは、

「宇宙の流れに沿っていること」

なので、

自分の意思を介入させることは、

ちょっと違う氣もするんです。

 

ただ、

自分の「したい!」という衝動や欲求に、

ただただ流されてみる。

 

すると、宇宙の流れと自分が、

だんだん合ってくるように思います。

 

「運命」とは、

「命」を「運んでいただいている」

と考えています。

 

なので「運んでいただいている」こと、

つまり「今与えられている現実」に

感謝をし、受け入れていく…

 

その先に、生まれてくるものが、

自分にとって必要なもの、

そんな風に思うのです。

 

 

私にとって月齢や星占いは、

答え合わせのような存在です。

 

自分の中で、

 

「ピンときた」

「そう思うから」

「なんかいい」

 

などの感覚が

宇宙的にはどうなんだろう

って、見てみる。

 

そして、

 

「宇宙の流れと自分の感じたことが同じだ」

 

って、ちょっとうれしくなる。

 

宇宙からの配信を受け取れているって。

 

そういう

「自分式うれしい」を増やすことが、

人生にいいサイクルを生む

そう思っています。

あとがき

念願の熊野古道へ

行ったときのことです。

 

そのとき、

急に出発時間を変えたくなったんです。

 

「今から行こう!」って。

 

本当は翌日の早朝出発だったのですが、

なぜか急に。

 

「この衝動はなにか?」

と、思って確認したらやっぱり新月で。

 

熊野古道は新婚旅行でした。

 

私は2回目の結婚なので

「今回の結婚はうまくいく」

そう思いました。(笑)

 

そして、熊野の旅は、

世界遺産の数々であるにもかかわらず、

どこを訪れても貸し切りという

不思議な時間でした。

那智の滝(誰もいない)

七里御浜(誰もいない。)

七里御浜(ほんとにいない。)

七里御浜(こっちもいない。)

 

熊野には自然崇拝の精神を

感じられる場所がたくさんあります。

 

熊野の土地から歓迎と祝福を

いただいているようにも感じました。

 

(なにをどう受け取るかは本人の自由です。笑)

 

私は科学では解明できないような、

目に見えない力の流れに沿う生き方

(起きていることに抗わない)を、

大事にしています。

 

そんな価値観を持っている私とって、

月の満ち欠けや星の動き、

つまりは宇宙の流れに沿って

人生のサイクルがあるという概念は、

とても受け取りやすく、

自然なことでした。

 

星舟庵

西村じゅんこ

『何もしないをする』とは

SNSでもご購読できます。

ご質問などお氣軽にご利用ください(*^-^*)

友だち追加