体育座り

体育座り…

体育座りをすると人間は思考を停止する。

 

奴隷貿易の時代、服従させるために奴隷たちは体育座りをさせられた。

現代の学校も指示・命令を生徒の脳に速やかにすり込ませることが目的で

体育座りをさせる。

 

今の世の中は違う形で 思考を奪われ、本当っぽく伝えるメディアに翻弄されている。

 

動物は、人間と違って自由を知っている。 身の危険にも敏感に反応できる。

鳥たちも自由に見えるけど、自分に降りかかる危険と背中合わせにいる。

 

「私の言うことが正しい」

「いや、僕の言うことが正しい」

が溢れるのが、今の「世の中」。

 

私たちも、鳥たちのように

「世の外」 に身を置いて

「世の中」を見下ろす目が求められている。

 

と、言いながら 僕もまだまだよくわかっていません。

 

KEN

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*