『魂』と『殻』

『魂』と『殻』

「本当に言いたいこと」を

「こう言った方がいい」

「こう言うべきだ」

「黙っていよう」

「聞かないようにしよう」

と言うような屈折した変換にさせてしまう。

魂はこの違和感、むずかずゆさ、やるせなさ、

不安、怖れ、悲しみ、怒りを全部知っている。

「あのとき、あんなこと言わなければよかった」

こんな切ない感情・出来事から、

自分の「魂」を守るためにその都度、

何度も 氣づかないうちに 魂を覆っていく。

それが「殻」。

この殻が厚い人ほど、

幾重にも重ねた人ほど、

「私はなんてダメなんだ。なんて小さいんだ!」

と錯覚してしまう。

他人を蔑むことで、

自分を誤魔化しているときもある。

本当は、殻の中に埋もれた魂も

殻を全て取り去った後に残るむき出しの魂も

どちらも同じ大きさ。

他人ばかり見るから本当の自分の

大きさ、深さ、温かさに氣づかない。

魂を「本当になりたい自分」と置き換えてみる。

自分を縛る「殻」が見えてくる。

けん

SNSでもご購読できます。